長寿鍼灸整骨院 | 彦根の鍼灸整骨院

外線治療(スーパーライザー)による光線照射法

特徴

スーパーライザースーパーライザーとは、光の中で最も深達度の高い波長帯の近赤外線を高出力で照射する光線治療器です。

スーパーライザー(近赤外線)を頚部にある星状神経節(頭・顔・首・腕・前胸部)を支配する自律神経のかたまりに、レーザー照射することにより、痛みや自律神経失調、冷え性、不妊等が改善します。光を当てるだけで血流や代謝がよくなり副交感神経に直接作用します。心地よい温感があり痛みを和らげ体の健康になろうとする力を助けてくれます。

注射を使う星状神経ブロック注射とは違い注射の痛みがなく、副反応もなくご好評をいただいております。

星状神経節ブロックとは?

スーパーライザー副交感神経を優位にする交感神経のブロックです。副交感神経が優位になると、夜もぐっすり眠れ、病気を治すための自然治癒力や免疫力が強くなります。また血流が改善し代謝を亢進させ代謝の亢進は身体を若くします。人間の身体は歳を重ねるごとに代謝が悪くなります。代謝不良は老化と体調不良を招きます。また、代謝の亢進は発痛物質を流す作用があるために痛みの治療によく星状神経ブロックを医療の現場では使われます。

ストレスなどで緊張している神経を平常な状態に戻してくれます。

※鍼を使用しないために、鍼の苦手な方におすすめです。

スーパーライザーの効果

  • 過剰ストレスで緊張状態の方
  • 自律神経失調の方
  • 慢性的に痛みが続いている方
  • 気分の落ち込みがある方

などにおいて、この視床下部の血流が低下していることが分かっています。視床下部の血流が低下すると、自律神経系やホルモン系、免疫系のコントロールに支障が出て、全身的に様々な問題があらわれてきます。スーパーライザーの効果範囲が広いのは、この視床下部をはじめとした脳の血流が改善することがひとつの理由です。

改善として

1.全身の血流や代謝がよくなる

血行が悪い所には酸素や栄養が届きづらく、免疫力の低下、老廃物の代謝も阻害され老化が進みます。胃腸などの内臓や脳を含めた全身の血行を良くしておくことは、今ある症状を取り除くことだけでなく、予防医学効果もあります。

2. ストレスからくるいろいろな痛みを和らげる効果

ストレスを受けると、自律神経の交感神経が興奮し血管を縮めます。血管が縮まると、酸素や栄養素を運ぶ血液の流れが悪くなり、様々な痛みや体の変調を訴えます。

星状神経節に照射することによって副交感神経の働きが高まり、リラックス効果が得られます。

さらに、脳幹の血流もよくなります。その効果は自律神経系、免疫系、ホルモン系のバランスも総合的に統制が取れるようになり、効果が全身に及びます

これで、ストレスや不規則な生活によって出ていた自律神経失調による症状が改善します。過剰ストレスによる交感神経緊張は、徐々に時に急激に身体に影響を及ぼします。ストレスに気づいてはいても、対処法が見つからないという方が多いのではないでしょうか?

ストレスは生活習慣病のリスクとして極めて重大なものです。生活習慣病を発症しないためにも予防が大切です。

星状神経節近榜照射は痛みがなく、安全で副作用もない治療法の一つです。

どのような方への効果が期待できるもの?

  • 不眠でお困りの方
  • 過剰なストレスで緊張状態の方
  • 気分の落ち込みがはげしい方
  • 慢性的に強い痛みがある方
  • 冷え性でお困りの方
  • 関節可動域が狭くて悩んでいる方
  • キズ(潰瘍や褥瘡)がなかなか治らない方

数回照射をすることにより、効果の持続期間が長くなり自律神経のバランスが整ったところで安定するようになるので症状も落ち着いてきます。

効果には個人差があり早く効果がものや、時間がかかるものなどがあります。

星状神経節のレーザー照射について

星状神経節のレーザー照射は幅広い適応があります。大きく分けると痛みのある疾患と痛みのない疾患に大別されます。

痛みのある疾患は帯状疱疹、反射性交感神経萎縮症(カウサルギー、幻肢痛、断端痛)、頭痛(偏頭痛、側頭動脈炎、群発性頭痛、筋収縮性頭痛)顔面痛(咀嚼筋症候群、顎関節症、非定型顔面痛)、上肢血行障害(レイノー病、レイノー症候群、バージャー病)、頸肩腕症候群、胸郭出口症候群、肩関節周囲炎、テニス肘、骨折、腱鞘炎、頸椎症などがあります。
痛みのない疾患としては突発性難聴、顔面神経麻痺、手掌多汗症、顔面痙攣・眼瞼痙攣、不妊、鬱、自律神経失調症、花粉症、美肌効果、甲状腺機能低下症、甲状腺機能亢進症、薄毛など研究中も含め多くの疾患に適応となります。またアトピーや赤ら顔などがあります。

脳から全身血流増加による効果

脳血流量の増加(女性ホルモン分泌の調整を行っている視床下部への血流量増加)やホルモンバランスの改善ミトコンドリアの増加(ATP合成増加)子宮や卵巣の血流の改善や胃腸などの内臓や脳を含めた全身の血行を良くしておくことは、今ある症状を取り除くことだけでなく、将来の病気の芽を摘むという予防医学効果などに対応しています。

脳にとって、血流が悪いということは機能低下を意味します。脳の中心奥のほうに位置する「視床下部」は、自律神経やホルモン、免疫の全体的なコントロールをしている重要な場所です。

視床下部の血流が低下すると、自律神経系やホルモン系、免疫系のコントロールに支障が出て、全身的に様々な問題があらわれてきます。スーパーライザーの効果範囲が広いのは、この視床下部をはじめとした脳の血流が改善することがひとつの理由です。

自律神経調整による効果

  • 免疫機能の制御
  • NK細胞の異常の緩和
  • アレルギー反応の緩和
  • 消炎鎮痛作用(抗炎症性サイトカインの増加)

以下の症状でお悩みの方へ

ストレス・自律神経失調症・更年期障害・冷え性・顔面痛・頚部痛・こわばり・しびれ・ねちがい・肩こり自己免疫性疾患・多汗症・ニキビ・赤ら顔・不妊症・気管支炎・気管支ぜんそく・ムチウチ・五十肩・腰痛・関節痛・(手指・手・肘・肩・膝・足)突発性難聴・メニエール病・円形脱毛症・抜歯後痛・末梢神経性顔面麻痺・緑内障・飛蚊・、ドライアイパニック障害・過換気症候群・過敏性腸症候群・脳卒中後遺症・不眠症(睡眠障害)・睡眠時無呼吸症候群・偏頭痛・緊張型頭痛・群発頭痛・帯状疱疹・帯状疱疹後神経痛・月経異常・月経前緊張症・月経困難症・痔核・便秘・下痢・子宮内膜症・膀胱炎・めまい・いびき・口内炎・歯肉炎・アレルギー全般など

スーパーライザー頸椎症の患者に星状神経節照射をし、その手背温変化を経時的にみたサーモグラフィー。
①治療前の手背温
③星状神経節へ10分間照射後
②仰臥位で安静10分後
④さらに安静10分後

どのようなところで使われているの?

ペインクリニック学会、皮膚科、内科、整形外科、リハビリ科、慢性疼痛学会をはじめ、最近では、スポーツ分野でもスーパーライザーが使われ、アテネオリンピック、Jリーグ、プロ野球、ワールドカップサッカー、アジア大会でも使用されました。

痛み・副作用はない?

スーパーライザーの星状神経節照射療法は、副作用や合併症の心配がほとんどありません。仰向けでじっとしていられる方ならどなたでも受けられます。

雑誌にも紹介されているスーパーライザーの効果

ご予約・お問い合わせはこちら 0749-22-2335
0749-22-2335
ご予約・お問い合わせはこちら